買い物カゴをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
初めての方へ 台湾カフェへようこそ! お客様から頂いたご感想 送料とお届けについて FAXでのご注文方法 お支払方法メールマガジン「台湾カフェ便り」 特定商取引法に基づく表示 台湾の商社としてお手伝いいたします

『台湾カフェ』トップページ > メールマガジン登録・解除

『台湾カフェ便り』 登録 ・ 解除

台湾カフェのおすすめ情報や、限定品、お買い得情報など毎月1回不定期にお届けしてます。
台湾の季節を感じて頂ける、台湾のことに詳しくなれるお便りをお届けします。
メールマガジンご愛読者様限定のお買い得情報もございますので、
ぜひご登録ください!もちろん登録料、購読料 !!無料!! です。

新規登録はこちら

登録メールアドレス:

アドレス変更はこちら

変更前のメールアドレス:
変更後のメールアドレス:

配信解除はこちら

配信解除メールアドレス:

■ メルマガ見本

第1回にお届けしたメールマガジンをお楽しみ下さい。
☆〜・〜↓〜・〜☆〜・〜↓〜・〜☆〜・↓☆〜・〜↓〜・〜☆〜・〜↓〜・〜☆〜・↓〜・〜☆

  ■こんにちは!『台湾カフェ』の りゅう さとこ です。■

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
※このメールは、『台湾カフェ』より ご案内を希望する をご選択頂いた方、
※メールマガジン「台湾便り」をご登録頂いた方へお送りしております。 
※ご案内や「台湾便り」がご不要な方は、      
※ shopmaster@taiwan-cafe.com までご連絡下さい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  日本全国「梅雨入り」ですね。北日本まで梅雨に入ってしまいました。
  北海道には梅雨がないそうです。うらやましいです。
  ・・・・湿度の高い季節がやってきましたね。
     
        //〆//〆//〆////〆/ザザー
      〆‥〆・〆‥〆〆‥〆・〆‥〆〆‥〆・〆ザザー
 とはいっても、関東地方では、入梅後4日間しか雨が観測されていないとか。
 雨はイヤでも、今のうちにまとまって降ってくれないと、水不足で後々困ります。
 オテントさま。なんとかして下さいな〜。

 台湾では、先日まで雨の日が続いていましたが、
 一昨日の沖縄梅雨明けの天気予報に、
 (台湾はその下ですので同じく梅雨明けです!)
 気持ちがルンルンしてきました♪

 今日は青空が広がって、30度を越える真夏日です。
 今日もすごい入道雲が出てきて、遠い空が黒くなってきました。
 すごい夕立が来る予感。。
 早めに洗濯物を取り込んでいます。 (x;・・)/~~~‘□’ ハヤクハヤク!

      雨の日が続くと、家の中はじめじめ、洗濯物は乾かない・・
      気分まで ジメジメ・・・。

 そんな時私は、コーヒーで気分転換をしています (^・^) _U~~

 雲林県古坑郷華山にある「山海観カフェ」では、
 引き立てのコーヒーに美味しいワッフル♪や、
 サンドイッチ。一人前の鍋料理、本格台湾料理など、楽しめます。

 でも。。。ココで、癒される、もうひとつの理由があります。
 実は ココの かえるチャン。鳴き声が取っても綺麗なのです〜♪
 かえるの鳴き声を携帯で録音してみました。
 店長日記「りぃほうぼ」にて聞くことが出来ます。
 良かったら癒されてくださいね。(^_^)丿
    ↓↓↓『山海観珈琲荘園とかえるちゃん』↓↓↓
  http://taiwan-cafe.com/hpgen/HPB/entries/15.html

  〜♪〜・〜・〜♪〜・〜・〜♪〜・〜・〜♪〜

◇ 台湾でも、スターバックスや、ブリスタコーヒーなど、
  色々なカフェが、街中で目だってきました。
  中でも、台湾で各街角に急速に広がっている
  『85度c』というカフェは、4代ホテルのパティシェ監督のケーキが、
  手ごろな価格で食べられると評判。行列の出来るカフェです。
  この85度。珈琲を入れるのに最適の温度から名づけられたそうです。
  値段は格安で、1杯300円くらいだった台湾の珈琲事情を覆し、
  1杯130円前後。ケーキを付けると300円前後。
  どこの店もは角地というこだわりようです。

◇ タピオカミルクティ「珍珠乃茶」(チャンツンナイチャ)のお店も、
   今でも各地に健在です。
   最近人気のお店は『50嵐』(うーすーらん)です。
   ここのタピオカは、大きさがいくつかあって、飲み物の甘さも調節でき、
  味がかなり美味しいです!
  高校生からバイクのお兄ちゃんまで、大人気です。
  

 ==========================
    ドラゴンボートフェスティバルとチマキの由来
 ==========================

  2007年6月19日は端午節で16日〜19日まで台湾は4連休でした。
  台湾では、西暦と旧暦が使われ、19日は旧暦の端午の節句にあたり、
  ドラゴンボートフェスティバルが台湾各地で開催されました。
  竜の形をした船に、21名が乗り込んで1位を争う競技「龍舟」です。
  この「龍舟」の由来についてお話したいと思います。
 ┌ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─  ┐
 │ 紀元前中国の国王に従えていた屈原という人物は、愛国詩で      │
 │ 人々から慕われていました。しかし当時の同僚に悪いうわさを   │
 │ 流され、屈原は国から追放されてしまいます。           │
 │ その後、楚は秦に併合されることになり、それを知った、    │
 │ 屈原は、国政を心配しているのに国のために力を          │
 │ 発揮できないと、自分の憂国の想いを多くの詩に託し、      │
 │ 旧暦の5月5日に重い石を抱いて川に身を投げたそうです。    │
 │ 村の人達は、屈原が河に身を投げたことを聞き、         │ 
 │ 急いで船で救助に駆けつけましたが、見つかりません。       │
 │ 人々は、屈原の体が魚に食べられないように、          │
 │ 太鼓などを叩いて大きな音を出し、魚を退散させたり、      │
 │ チマキを投げ入れたそうです。                 │
 └ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─  ┘
 これが、ドラゴンボートフェスティバルの船とチマキの由来です。

 台湾のチマキにはいろな栄養豊富なものが入っています。
 干しシイタケ、栗、干し貝柱、ピーナッツ、などなど・・
 中身は具沢山です。
 竹の葉にくるまれたもち米は混ぜご飯のような味で、
 茶色に美味しく染まり、
 1つ食べるとお腹がいっぱいになるほど大きいです。

 日本でも長崎よりこのお祭りが日本にも伝わっていて、
 ドラゴンボートフェスティバルが各地で開催されています。
 日本の端午の節句や、旧暦にあわせて開催されているようです。

 わたくし劉のこの4連休は、台湾の最南端!
 「墾丁(ケンティン)」へ、行ってきました!!
 昼間は30度どころではなく、35度以上あった?かと思います。
 かなり暑かった!!夜でも28度。これぞ「熱帯夜」。
 いつか、店長日記「りいほうぼ」で、ご紹介したいと思ってます。


 ◇◆ミニ台湾語講座◆◇―――――――――――――――◇
 〜・はじめに・〜
 台湾では「中国語(北京語)」が公用語として使われ、
 そのほかに「台湾語(河洛語(ホーロー))」、「客家語(ハッカ)」が使われ、
 原住民族ではそれぞれの言葉。
 そして日本語を使っているところもあります。
 電車に乗ると、「中国語」「台湾語」「客家語」「英語」が
 アナウンスで流れます。
 台湾の言葉事情はかなり複雑なのです。
 以下(中)中国語、(台)台湾語
    
 お友達と会って、『こんにちは!』
      (中国語「你好にぃはぉ」)(台湾語「りぃほう」)
 の代わりに、よく使う(訊かれる)挨拶。

 『ご飯食べた?』 
  (中)「吃完飯了嗎」つぅわんふぁんらま? (台)「呷飽没」じゃぱー ぼぇ?

 ○ たべたよ ⇒(中)「吃完了」つぅわんら (台)「呷飽」じゃぱー
 ○ まだよ   ⇒(中)「還没」はいめい   (台)「猶未呷完」あべちゃわん

 これが出来ると、台湾通ぅ〜!

 ※台湾語は基本的に「話し言葉」なので、
   漢字は当てはめて使われています。

  ∞・∞・−・∞・∞‐∞・∞・−・∞・∞‐∞・∞・−・∞・∞
   最後までお読みいただいてありがとうございました。
  ∞・∞・−・∞・∞‐∞・∞・−・∞・∞‐∞・∞・−・∞・∞

     ☆ 開店セールは9月末日まで開催しています。 ☆
 ☆ドリップコーヒーが1500円お買い上げごとに付いてくるのは今だけ!☆ 
 ☆ まとめ買いのチャンス!? 9月末までです! お見逃し無く〜! ☆

※このメールは、『台湾カフェ』よりご案内を(希望する)をご選択頂いた方、
※メールマガジン「台湾便り」をご登録頂いた方へお送りしております。 
※ご案内や「台湾便り」がご不要な方、お問い合わせは、メールにて
※ shopmaster@taiwan-cafe.com までご連絡下さい。

 『台湾便り』発行元<連絡先>---+∞+---+---+---+
 『台湾カフェ』   劉 智子
   URL      http://taiwan-cafe.com/
   E-Mail    shopmaster@taiwan-cafe.com
 ---+∞+---+---+---+∞+---+---+---+---+∞+---